■ 第13回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会 ■

第13回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会は、多数の皆様にご参加いただき、盛会のうちに終了することができました。ご参加いただきました皆様とご支援とご協力をいただきました関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。

開催概要  ◇大会長挨拶◇開催案内ポスターはこちらへ◇
大会名:第13回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会
日 時:平成28年11月19日(土)・20日(日)
場 所:KFC Hall & Rooms 国際ファッションセンター/東京都墨田区
     会場アクセスはこちらへ(KFC Hall & Roomsのサイトに移動します)
大会長:鈴木利人(順天堂大学大学院医学研究科精神・行動科学分野教授)
大会テーマ:「周産期メンタルヘルスリテラシーの向上を目指して」
参加費:正会員5,000円/非会員6,000円/学生1,000円
※参加費は当日受付にてお支払いください。クレジットカードは使用できません。

参加予定の方はご確認ください。
  ◇会場案内図◇ ◇参加者の方へ

プログラム(予定)  ◇プログラム委員名簿
◆◇◆プログラム日程表 (11月19日11月20日)◆◇◆
◆◇◆ポスター発表(11月19日15:00‐16:15を予定)採択演題一覧 ◆◇◆
◇特別講演① 11月19日(土) ◇
 「私の周産期メンタルヘルス研究:過去・現在・未来」
  演者: 北村俊則/北村メンタルヘルス学術振興財団代表理事
◇特別講演② 11月20日(日) ◇
 「産科歴40年を振り返って ~産婦人科からメンタルヘルスを考える~」
  演者:竹田省/順天堂大学医学部産婦人科教授
◇教育講演 11月20日◇
 「周産期メンタルヘルスにおける助産師の役割 -過去・現在・未来-」
  演者:新井陽子/北里大学看護学部生涯発達看護学准教授
◇会長講演 11月19日◇
 「周産期メンタルヘルスの薬物療法:10の原則」
  演者:鈴木利人/順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院メンタルクリニック教授・
          大学院医学研究科精神行動科学分野教授
◇シンポジウム① 11月19日(土) ◇
 「ハイリスク対象化で医療連携はどう変わるか」
◇シンポジウム② 11月19日(土) ◇
 「周産期メンタルヘルスリテラシーの向上を目指して」
◇シンポジウム③ 11月20日(日) ◇
 「妊産婦の自殺予防の取り組みと産後ケア」

参加申込方法◆
事前参加申込受付を終了しました。多数のお申込みありがとうございました。事前参加申込終了後は、当日参加登録を申し受けます。

ランチョンセミナーのご案内 ◇11月19日(土)12:10~13:00◇
本セミナーは、医療関係者向けセミナーです。
タイトル:「周産期のうつ病と睡眠障害」
座長:堀川直史先生(埼玉医科大学かわごえクリニックメンタルヘルス科)
演者:松島英介先生(東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科心療・緩和医療学分野)
共催:MSD株式会社

◇第1日【11月19日(土)】参加受付開始後より、ランチョンセミナーの整理券(お弁当引換券)を配布します。お一人様一枚のみで、整理券がなくなり次第終了となります。
◇整理券の数には限りがあります。整理券が定員になってもお弁当はありませんが、講演を聴くことはできます。その際は、整理券のある方(お弁当のある方)を先にご入場いただきますので、ご協力をお願いいたします。

懇親会のご案内 ◇11月19日(土)18:30~◇
下記の通り、懇親会を開催いたしますので、奮ってご参加ください。
日 時:11月19日(土)18:30~
会 場:第一ホテル両国2F中国料理「東天紅」
参加費:3,000円(予定)
※懇親会の参加申込は当日行う予定です。

各種学会の出席参加証明、専門医資格認定更新にかる取得単位について
各種学会の研修単位が認定される予定ですので、各制度の規定により申請してください。ポイント付与の方法などは、当日お渡しするプログラム・抄録集内への記載、または参加者の方へをご確認ください。
◇日本精神神経学会(機構・学会共通単位 B群1単位×5セッション)
◇日本総合病院精神医学会 専門医更新のためのポイント(3ポイント)
◇日本産科婦人科学会(申請中)(学会単位10単位 機構単位3単位)
◇日本産婦人科医会研修参加証(1枚)
◇日本周産期・新生児医学会(2単位)
◇日本助産師会 継続研修ポイント(2ポイント)

一般演題募集◆ ポスター発表は、第1日(11月19日)の午後を予定しています。
◇一般演題募集を締め切りました。多数のご応募を頂きありがとうございました。
◇ 演題の採否、発表形式、発表日時につきましては、後日メールにてお知らせいたします。