■ 第16回日本周産期メンタルヘルス学会学術集会一般演題募集について ■

 第16回 日本周産期メンタルヘルス学会学術集会では、周産期のメンタルヘルスに関する一般演題を募集いたします。多数のご応募をお待ちしております。
 今回の学術集会では、会場の都合上、募集発表数は、40題程度を予定しています。上限に達した場合、募集を早期に締め切る可能性がありますことをご了承ください。募集締め切り後のご応募はお受けできませんので、ご了承ください。
 募集を早期に締め切る場合、会員メール配信とWeb掲載でお知らせするなど、できる限りの対応を検討しています。ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

1.募集期間
2019年4月25日(木)から6月17日(月)正午 まで といたします。
2.演題応募資格
 筆頭演者は、日本周産期メンタルヘルス学会正会員および役員に限ります。
 筆頭演者となれるのは、正会員および役員のみ(かつ6月末日までに2018年度(学会会計年度2018/10/1~2019/9/30)の年会費を納入済みであること)です。
 まだ入会していなくて、演題応募を希望される筆頭演者の方は、6月3日(月)までに、学会Webサイト「入会のご案内」のページをご確認いただき、入会申込書をお送りください。その後、入会が承認された場合は、学会事務局より年会費の納入依頼を郵送いたしますので、6月17日(月)までに年会費を納入してください。6月17日(月)までに連絡もなく年会費の納入が確認できない場合は、ご応募いただいた演題を不採択とさせていただく場合がございますので、ご了承ください。
※一人につき1演題のみです。ただし、他の演題の共著者になることは差し支えありません。
3.抄録形式(抄録テンプレートWord形式
 ご応募いただく演題は、抄録テンプレートをダウンロードして作成してください。
 題名文字数は50文字以内、抄録文字数は400~800字程度とします。
 抄録本文の構成は原則として【目的】、【方法】、【結果】、【考察】としてください。ただし、発表の内容が症例(事例)報告の場合には、【方法】を【症例(事例)の概要】としても結構です。また、【結果】と【考察】は併せて【結果及び考察】としても結構です。
 ご応募いただく演題(抄録テンプレート)は、それを基に査読審査が行われ、抄録集に掲載されます。ご応募の際には「所属機関名、部門名」は正式名称でご入力願います。
4.利益相反状態の開示について《利益相反(COI)の有無》
 本学術集会では利益相反の有無について開示していただきます。利益相反(COI)に関する指針や様式は、本学会Webサイトの「利益相反(COI)」ページにてご確認ください。
 演題応募時に、抄録テンプレート1ページ目の利益相反の有無について、「有」もしくは「無」にチェックを入れてください。「有」にチェックの場合は、様式1-B(Word形式PDF形式)のご提出をお願いします。「無」の場合は、テンプレート内のチェックをもって自署(様式1-B)の代わりとします。
 発表時には、ポスターパネルの右下にA4で様式2-A(PPT形式PDF形式)または様式2-B(PPT形式PDF形式)を貼付して開示して下さい。
5.倫理的配慮について《倫理的配慮》
 演題応募時に、抄録テンプレート1ページ目の倫理的配慮についてチェックを入れてください。倫理的配慮についての記載について不備がある場合、演題不採択もしくは抄録の一部修正をお願いすることになりますのでご注意下さい。
6.演題応募の方法
 演題応募は、電子メールのファイル添付でのご応募となります。演題は、抄録テンプレートWord形式をダウンロードして作成してください。
 ファイル名に筆頭演者の氏名を記載してください。(例)「千葉花子.doc」
 演題応募先:日本周産期メンタルヘルス学会事務局:mental-1@pmh.sakura.ne.jp
 募集締め切り後のご応募はお受けできませんので、ご了承ください。
7.受領通知
 受領通知は、演題応募の際に使用されたメールアドレスに返信いたします。1週間以上たってもメールが届かない場合は、下記事務局までお問い合わせください。はがきやFAXでの受領通知は行いません。
8.応募演題の採否
 ご応募いただいた演題は、複数の査読者で対応します。査読結果をもとに、プログラム委員会にて採否を判断します。採否結果、発表形式は、学術集会大会長およびプログラム委員会に一任とさせていただきます。
 プログラム委員会で修正が必要と判断した演題については、修正を採択条件とする場合があります。応募演題の内容によっては採択されない場合もありますので、ご了承ください。
 採択あるいは不採択の通知は、2019年8月頃の通知を予定しています。採否通知は、演題応募の際のメールアドレスへお送りいたします。
9.発表形式
 発表形式は、ポスター発表(座長を設けず発表者自らが質疑を受けて頂く方式)を予定しています。発表要領(ポスターパネルのサイズ、掲示時間などの詳細)は、採択通知後にご連絡いたします。
 ポスター発表は、10月27日(日)を予定しています。
10.著作権について
 本学術集会抄録集に掲載された著作物(図表,写真を含む)の著作権ならびに複写権(コピーライト)は、原則として日本周産期メンタルヘルス学会に帰属するものとします。
11.問い合わせ先について
 日本周産期メンタルヘルス学会事務局 E-mail:mental-1@pmh.sakura.ne.jp
 TEL:080-3622-8911(電話での問い合わせ対応時間/月・火・木曜日の10:00~16:00)
◆ダウンロード様式 一覧
◇抄録テンプレートWord形式
◇利益相反の有無(抄録テンプレート内、利益相反のチェックが有の場合)
 様式1-B 自己申告によるCOI報告書(Word形式PDF形式
◇COI開示
 様式2-A(サンプル)申告すべき利益相反(COI)がない時(PPT形式PDF形式
 様式2-B(サンプル)申告すべき利益相反(COI)がある時(PPT形式PDF形式
 ※ポスターパネルの右下に、A4で様式2-Aまたは2-Bを貼付して開示して下さい。